CONTENTS コネタ記事、情報満載の特集など楽しいコンテンツがいっぱい!!

ネイティブガンダム[リマスター版]

ネイティブガンダム[リマスター版]
第26回
2008年01月15日(火)

第26話「復活のシャア」


【脱出カプセル】
オデッサ作戦が終結して物語は後半戦へ。ガンダムのドッキング・シークエンスも復活するが、マーカーの「コア・ファイターはもともとガンダムの脱出カプセルみたいなもんなんです」というセリフは最終回への伏線のようにも聞こえる。

【ベルファスト】
連邦軍の北アイルランド補給地がある港町。女スパイ107号ミハルによればホワイトベースが入ったのは第2ドック。固有名詞やナンバリングが加わり、描かれているものが大状況の一部であると強調されている。

【ガンダムの使い方】
レビル将軍によれば、ガンダム1機が呼び水となってジオン軍の兵器思想が変化した。強力なモビルスーツなら1機、2機でも戦果が上げられると考えるようになったのだ。後半戦の「毎回、新たな機動兵器を出す」というビジネスサイドからの要請にも、リアルな理屈の裏づけを与えているのが、ガンダム的スタイルである。


【ゴックかゴッグか?】
今回から数話は水陸両用の新型機動兵器が連続登場する。最初にあたるゴッグは、レビル将軍の示した図面にすでに記載されている。ちなみにアフレコ台本上では「ゴック」と表記、テレビ版音声中もそう発音されているが、現在の正式表記は「ゴッグ」と濁音つきなので留意が必要。

【ゴッグの怪獣的演出】
毎回、新しい敵が攻めてくるというロボットアニメの「お約束」は「ウルトラマン対怪獣」から受け継がれたもの。そのためか、第26話ではゴッグに「怪獣的演出」が多用されている。灯台を潰しながら上陸するときの巨大感、バルカン砲をはじきかえす強力な装甲、ガンダムの頭部に穴をあける鋭いツメなど、兵器とはひと味違う描き方がされている。


【ハイパー・ハンマーとGブル】
ガンダム・ハンマーに小型ロケットを内蔵し、破壊力を増強した新兵器。第26話にしか登場していない。Gパーツは今回は戦車形態の“Gブル”が登場。ビーム砲の威力でガンダムのパワーアップを強く印象づけた。

氷川竜介(アニメ評論家)

バックナンバー

DUMMY

ネイティブガンダム[リマスター版] 最終回

第43話「脱出」

2008年05月13日(火) 掲載
DUMMY

ネイティブガンダム[リマスター版] 第42回

第42話「宇宙要塞ア・バオア・クー」

2008年05月06日(火) 掲載
DUMMY

ネイティブガンダム[リマスター版] 第41回

第41話「光る宇宙」

2008年04月29日(火) 掲載
DUMMY

ネイティブガンダム[リマスター版] 第40回

第40話「エルメスのララァ」

2008年04月22日(火) 掲載
DUMMY

ネイティブガンダム[リマスター版] 第39回

第39話「ニュータイプ、シャリア・ブル」

2008年04月15日(火) 掲載

プレミアムバンダイ「機動戦士ガンダムUC ビスト家御用達万年筆」好評予約受付中!

SPECIAL

テレビ東京「絆体感TV 第07板倉小隊」特番放送!

テレビ東京「絆体感TV 第07板倉小隊」特番放送!

応援イラストを3日連続で公開!第3弾は虎哉孝征先生! 12/15更新

電子書籍で読める!おすすめガンダム本10選

電子書籍で読める!おすすめガンダム本10選

ガンダム小説・マンガの中から厳選した電子書籍10作を紹介! 4/12更新

ホビー総合情報サイト「電撃ホビーウェブ」

公式ファンクラブ誕生!「GUNDAM FANCLUB」

PREMIUM BANDAI

RELEASE CALENDAR

  • 本日発売・発売予定
  • 発売中
「週刊ガンダムニュース」好評連載中!

SPECIAL

「矢立文庫」ガンダム新企画、続々連載開始