CONTENTS コネタ記事、情報満載の特集など楽しいコンテンツがいっぱい!!

ガンダム国勢調査

ガンダム国勢調査
第528回
2017年10月10日(火)

「Q.VR映像体験『機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア出撃』体験してみたいキャラは?」【9/25~10/1】



シャア・アズナブル64.4%
ランバ・ラル16.0%
ヨハン・イブラヒム・レビル6.9%
ガルマ・ザビ4.2%
ギレン・ザビ2.4%
ドズル・ザビ2.0%
デニム1.4%
ガイア0.9%
マッシュ0.9%
オルテガ0.8%
(回答2,014人)


Q.VR映像体験『機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア出撃』体験してみたいキャラは?

私が初めてVRを体験して早3年、ようやくシャア視点のVRを体験することができた。今回特別に、新宿ピカデリーで『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 激突 ルウム会戦』を見ると、VR体験ができるということで、貴重なシャアのVR体験を楽しめたのだ。
最近よく使われているヘッドマウントディスプレイ(HMD)型VRの特徴は、頭(目の位置)の動きにあわせて、視界が変わるという点である。劇中を再現するということでは、全天周囲モニターとリニアシートが理想形ではあるが、機材も大がかりになるし、広い場所が必要である。場所を取らずに近い体験ができるということで、HMD型VRは今後、とても楽しみなデバイスだ。
ということで、今回は今後体験してみたいキャラを調査してみた。



が64ポイントの支持を集めた。やはり、まずは「赤い彗星」の異名をもつシャアの体験をしたいという方が多かった。通常の3倍の速度で移動し、接近する感覚がどのようなものなのか、気になるようだ。モビルスーツの通常速度を知らないので、あまりピンと来ないかもしれない。しかしそのスピード感は『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 激突 ルウム会戦』でも感じたし、VR映像体験『機動戦士ガンダム THE ORIGIN シャア出撃』でも感じることができた。今回のVR映像体験はTHE ORIGIN版のシャアザクを体験できるのだが、発進前にあわただしく作業するメカニックの姿も描かれていて、ぐるっと見回すと、発信前の臨場感を感じることができた。



が16ポイントの支持を集めた。赤の次はやはり青であった。「青い巨星」ともいわれるランバ・ラルの機体で、我々が最初に目にしたのはグフであったが、『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』ではブグ(ランバ・ラル機)を操る姿が新しい。月面でガイア、マッシュ、オルテガのザク3機と共に低重力下の戦闘シーンを体験したいと思った方が多かったのだろう。ただ、ランバ・ラルが一番多く足を運んだと思われるのは「クラブ・エデン」である。酩酊状態でハモンの歌を聞き、ひざマクラを体験できるならばこんな至福な時はあるまい。ぜひ、革張りのソファーと柔らかいひざマクラを用意してほしい。


3位となったのはヨハン・イブラヒム・レビル、のちのレビル将軍である。こちらはモビルスーツには乗らないので、旗艦アナンケから指揮をする姿か、作戦会議のシーンであろうか。う~ん地味だな~。一番華やかなのは「ジオンに兵なし」と演説する場面であろうが、VRでしゃべる体験はしたことがない。VRカラオケのようにして、セリフを表示してもらえればできそうではある。
さて、VRといえば、11月10日(金)から「VR ZONE SHINJUKU」で、戦場の絆VRコンセプト機「機動戦士ガンダム 戦場の絆VR PROTOTYPE Ver.」の期間限定試験運用が決定した。こちらはHMDだけでなく、可動式コックピットもあるらしい。なるほど、そうきたか~。更なる没入観を体験できそうで楽しみだ。


(ガンダムインフォ編集部)

プレミアムバンダイ「機動戦士ガンダム ビーチグッズ」好評予約受付中!

SPECIAL

テレビ東京「絆体感TV 第07板倉小隊」特番放送!

テレビ東京「絆体感TV 第07板倉小隊」特番放送!

応援イラストを3日連続で公開!第3弾は虎哉孝征先生! 12/15更新

電子書籍で読める!おすすめガンダム本10選

電子書籍で読める!おすすめガンダム本10選

ガンダム小説・マンガの中から厳選した電子書籍10作を紹介! 4/12更新

ホビー総合情報サイト「電撃ホビーウェブ」

公式ファンクラブ誕生!「GUNDAM FANCLUB」

PREMIUM BANDAI

RELEASE CALENDAR

  • 本日発売・発売予定
  • 発売中
「週刊ガンダムニュース」好評連載中!

SPECIAL

「矢立文庫」ガンダム新企画、続々連載開始