CONTENTS コネタ記事、情報満載の特集など楽しいコンテンツがいっぱい!!

ガンダム国勢調査

ガンダム国勢調査
第530回
2017年10月23日(月)

「Q.10周年!改めて『機動戦士ガンダム00』第一印象で好きなMSは?」【10/9~10/15】



ガンダムエクシア45.4%
ガンダムデュナメス16.3%
ガンダムキュリオス12.6%
ガンダムヴァーチェ11.0%
ユニオンフラッグ7.5%
ティエレン4.4%
AEUイナクト2.8%
(回答2,403人)


Q.10周年!改めて『機動戦士ガンダム00』第一印象で好きなMSは?

前回の調査に引き続き、10年前とMSの調査を比べてみよう。
『機動戦士ガンダム00』に登場するモビルスーツは、プトレマイオスチーム(ガンダムマイスター4人)、トリニティチーム、ユニオン、人類革新連盟(人革連)、AEUのほか、国連軍などさまざまな特徴的デザインが登場した。放送前に発表されたのはプトレマイオスチームのガンダムマイスター4人が乗る4機のガンダムとティエレン、AEUイナクト、ユニオンフラッグだったと思う。



が45ポイントの支持を集めた。10年前の調査では、主役機でありながら、ガンダムキュリオスに1位を譲る結果に、私たちもビックリしたものだ。キュリオスは飛行形態に変形できるという点と見た目に派手なオレンジ色のカラーリングが印象的だったのかもしれない。しかし、本編が進んでいくと、冒頭から刹那のシーンが多く描かれ、エクシアの注目度が上がっていく。また、ビームサーベルではない実体剣を使ったケレン味のある戦闘シーン。さらに、7つのソードを活かしたエクシアの格闘シーンが、とても印象を深めていったようである。



が16ポイントの支持を集めた。ポイントではエクシアに及ばなかったものの、10年前の調査に比べて大躍進したのがデュナメスだった。1万キロ上空の物体を狙撃できる高々度射撃ができる後方支援用のガンダムだ。スナイプ目的のため、目立たないような配慮なのか、モスグリーンのカラーリングであった。そんな放送前の設定画のイメージでは、格闘戦は少なく、少し地味な印象を受けたのかもしれないが、本編では敵陣に突入しての接近戦や、ロックオンの負傷などもあり、印象に残る戦闘シーンが多かった。また、オレンジのハロをコックピットに載せるという部分もメカマニアの心をくすぐる設定であった。


さて、10年前の第9回(2007年9月3日~2007月9月9日)に行った調査結果は以下のとおりであった。

Q.ガンダム00放送開始カウントダウン!第一印象で好きなMSは?

ガンダムキュリオス32.02%
ガンダムエクシア31.12%
ガンダムヴァーチェ14.87%
ガンダムデュナメス10.37%
ティエレン4.31%
AEUイナクト3.78%
ユニオンフラッグ3.52%


ガンダムが上位にくるのは当然として、残りの3機の順位も10年前と変化があった。10年前は無骨なミリタリーテイストのティエレンが1%ほど抜け出していたが、今回はユニオンフラッグが3%以上の差をつけている。ユニオンフラッグが支持を高めたといってよいだろう。パイロットはもちろん、前回の調査で大躍進した、グラハム・エーカーである。どうも、パイロットの人気がMSにも影響を及ぼしているようである。


(ガンダムインフォ編集部)

プレミアムバンダイ「機動戦士ガンダムUC ビスト家御用達万年筆」好評予約受付中!

SPECIAL

テレビ東京「絆体感TV 第07板倉小隊」特番放送!

テレビ東京「絆体感TV 第07板倉小隊」特番放送!

応援イラストを3日連続で公開!第3弾は虎哉孝征先生! 12/15更新

電子書籍で読める!おすすめガンダム本10選

電子書籍で読める!おすすめガンダム本10選

ガンダム小説・マンガの中から厳選した電子書籍10作を紹介! 4/12更新

ホビー総合情報サイト「電撃ホビーウェブ」

公式ファンクラブ誕生!「GUNDAM FANCLUB」

PREMIUM BANDAI

RELEASE CALENDAR

  • 本日発売・発売予定
  • 発売中
「週刊ガンダムニュース」好評連載中!

SPECIAL

「矢立文庫」ガンダム新企画、続々連載開始