CONTENTS コネタ記事、情報満載の特集など楽しいコンテンツがいっぱい!!

ガンダム国勢調査

ガンダム国勢調査
第532回
2017年11月06日(月)

「Q.『機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影』11月18日より劇場同時上映!気になるメカは?」【10/23~10/29】



アハヴァ・アジール37.8%
ガンダムAN-01“トリスタン”21.6%
ザクIII改13.9%
R・ジャジャ8.3%
クレヴェナール6.4%
バイアラン・イゾルデ6.2%
ジェガン(バーナム所属機)5.9%
(回答1,574人)


Q.『機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影』11月18日より劇場同時上映!気になるメカは?

あそこにはアレがある。
アクシズに残されたサザビーの残骸には重要なパーツが残されていた。

とても詩的で静ひつな宇宙空間を感じさせる映像表現。それでいて激しいモビルスーツ戦、そして鬼気迫る形相の男たち。メカもキャラもかっこよくて美しい。最初、わずか3分に満たない作品を見た時には、いったいこれがどうなるのか、全く見当もつかなかった。ただ、今回6本を通して見ることで、見えてくるものがあるような気がする。
『機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影(以下、Twilight AXIS)』。
この作品はぜひ、通して見てほしい作品である。
そして、『Twilight AXIS』が『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』と11月18日(土)より劇場同時上映される。
ということで、今回は『Twilight AXIS』に登場するメカを調査してみた。



が4割近い支持を集めた。『Twilight AXIS』は短い時間の中に登場するモビルスーツが新しいモノばかりで、動きも素早く、パッと一度見ただけでは、なかなか頭に入ってこない。アハヴァ・アジールってなんだっけと調べてみると、ジオンの未完成モビルアーマーでヒロインのアルレットが搭乗する機体だった。若くしてジオンの機動兵器開発に従事していたアルレットが、最後、自ら乗ってガンダムに対峙するのだが、開発者とパイロットの違いを感じさせる戦いであった。



が2割強の支持を集めた。『Twilight AXIS』ではガンダムは敵役になる。ガンダムNT-1“アレックス”をベースにした機体のようだ。最大の特徴はガンダム試作3号機(デンドロビウム)の「オーキス」ような巨大アームドベース「クレヴェナール」とドッキングできることである。これによって、アハヴァ・アジールに対抗できるパワーと火力を手に入れ、鬼気迫るクァンタン・フェルモは圧倒的な強さを見せつけることになるのだ。その割には、クレヴェナールの支持が今一歩な気もするが、やはりガンダムの姿が好きだという方が多いのであろう。


この作品は、まだいろいろとわからない部分が多い。クァンタン・フェルモのヘルメットのツノがなんで片方だけなのか?メーメット・メルカは左右の刈上げ部分は茶色なのに、なんで、髪の毛は赤毛なのか?ダントンのアゴ髭とマユ毛は茶色いのに、なんで金髪なのか?なんでダントンはお団子にしているのか?そして、最大の謎はダントンとアルレットはなんでクリーニング店を始めたのか?そのほか気になる点はいろいろあるが、今後明らかにされることを期待したいと思う。


(ガンダムインフォ編集部)

プレミアムバンダイ「機動戦士ガンダムUC ビスト家御用達万年筆」好評予約受付中!

SPECIAL

テレビ東京「絆体感TV 第07板倉小隊」特番放送!

テレビ東京「絆体感TV 第07板倉小隊」特番放送!

応援イラストを3日連続で公開!第3弾は虎哉孝征先生! 12/15更新

電子書籍で読める!おすすめガンダム本10選

電子書籍で読める!おすすめガンダム本10選

ガンダム小説・マンガの中から厳選した電子書籍10作を紹介! 4/12更新

ホビー総合情報サイト「電撃ホビーウェブ」

公式ファンクラブ誕生!「GUNDAM FANCLUB」

PREMIUM BANDAI

RELEASE CALENDAR

  • 本日発売・発売予定
  • 発売中
「週刊ガンダムニュース」好評連載中!

SPECIAL

「矢立文庫」ガンダム新企画、続々連載開始