CONTENTS コネタ記事、情報満載の特集など楽しいコンテンツがいっぱい!!

ガンダム国勢調査

ガンダム国勢調査
第536回
2017年12月04日(月)

「Q.バンプレスト『豪塊 ガンダム』11月23日より登場!次に出て欲しいのは?」【11/20~11/26】



ジオング21.8%
グフ12.4%
ドム10.6%
ジム10.6%
ガンキャノン8.4%
シャア専用ゲルググ8.3%
シャア専用ザクII7.9%
アッガイ6.8%
シャア専用ズゴック6.7%
ギャン6.6%
(回答1,221人)


Q.バンプレスト『豪塊 ガンダム』11月23日より登場!次に出て欲しいのは?

岩を削りだしたような荒々しさと力強いポージングで戦いの緊迫感を表現するプライズ商品「豪塊 ガンダム」。10月にザク、11月にガンダムが登場した。独特の存在感があるその塊は飾っておくと、パワーをもらえそうだ。ザクとガンダムを向かい合わせで並べれば、より緊迫感がでるだろう。ううむ、両方欲しい。いや、どうせなら、ドムやゲルググも並べたい。ということで次に出て欲しいMSを調査してみた。



が22ポイントの支持を集めた。『機動戦士ガンダム』で最終決戦となったア・バオア・クーでの戦いでアムロのガンダムと死闘を繰り広げたのがジオングである。ガンダムの頭を頭部のメガ粒子砲で破壊するシーンが印象的で劇場版のチケットの絵柄にもなっていた。俗にいう「ラストシューティング」である。『機動戦士ガンダム サンダーボルト』にサイコミュ高機動試験用ザクやジオングの2号機、3号機が登場したことも支持につながる要因となったようである。



が12ポイントの支持を集めた。こちらは、ドム、ジムと僅差ではあったが、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』でのランバ・ラルの活躍が印象深く、最近は青いグフの人気が高まっているように感じる。子ども心にはガンダムとシャアザクが一番欲しいモノだったが、グフ、ドムは放送当時から人気があり、大人になってからはより魅力を感じるようになってきた。大人の鑑賞に堪えうるモビルスーツといえるのかもしれない。まあ、通好みといえば、そうなのだろう。


第3位はドムとジムが同率で並んだ。ポイント数は同じだが、実はジムが1票少なかった。調査中はジムが上になる時もあり、実は3位争いが激しかった調査であった。まさにこの荒々しい「豪塊 ガンダム」シリーズを象徴するような激しい入れ替わりがあったのだ。
私はクレーンゲームが苦手でほとんど取れたことが無いのだが、ウチにはカミさんが取ったぬいぐるみが山のようにある。ベテランのカミさんにいわせると300円以内でとれるかどうか分かるそうである。最近は様々な種類のプライズ筐体があるようで、色々な遊び方ができる。う~ん、クレーンゲームもやるようになったものだ。


(ガンダムインフォ編集部)

プレミアムバンダイ「機動戦士ガンダム ビーチグッズ」好評予約受付中!

SPECIAL

テレビ東京「絆体感TV 第07板倉小隊」特番放送!

テレビ東京「絆体感TV 第07板倉小隊」特番放送!

応援イラストを3日連続で公開!第3弾は虎哉孝征先生! 12/15更新

電子書籍で読める!おすすめガンダム本10選

電子書籍で読める!おすすめガンダム本10選

ガンダム小説・マンガの中から厳選した電子書籍10作を紹介! 4/12更新

ホビー総合情報サイト「電撃ホビーウェブ」

公式ファンクラブ誕生!「GUNDAM FANCLUB」

PREMIUM BANDAI

RELEASE CALENDAR

  • 本日発売・発売予定
  • 発売中
「週刊ガンダムニュース」好評連載中!

SPECIAL

「矢立文庫」ガンダム新企画、続々連載開始